読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

房総の風

向かい風にやられる毎日

ひたちなかエンデューロ 3時間ソロレースレポート

 

5月のレースラッシュも遂にラスボスである。

 

下総クリテエンデューロクリテリウム、JBCF鴨川クリテ、そしてひたちなかエンデューロ。1ヵ月に4レースと過去最高の頻度であった。

コンディションに十分気をつけて調子は上場。目標は優勝。つるますからは7人出場。私の参加カテゴリの3時間ソロからは柴、松、甲といつもの3人参上。(韻を踏んでいる)

 

朝、4時半に車に乗って移動。途中、N村さんからAACRの報告が入り。

f:id:expz88:20160523183950j:plain

最高の自転車日和の写真を送ってきた。

 

そんな我々の目の前に繰り広げられていた世界は

f:id:expz88:20160523184218j:plain

この霧である。八ツ墓村か。

なんと濃霧。眼前の景色に若干の心配を抱きつつも会場入り。

 

準備をしていたら霧も晴れてきて曇りぐらいにはなった。路面もドライ。レーススタート。

ひたちなかエンデューロ 3時間ソロ 14位

120km 39.5km/h NP217w 178拍

 

スタート位置は丁度真ん中くらい。半周はローリング。集団は穏やかに進む。折り返しを過ぎてローリング解除。ペース上がる。

集団は38~50km/hで進んでいく。ロケーションが海に近く風も強いことから先頭は煽りを受け厳しい、集団がでかすぎる為、後ろはかなり楽。

てことで、集団は非常に大きいまま推移。コーナーの立ち上がりでインターバルが掛かるもちょっと踏めば緩まるので地力無くてもついていける。

今回は3人いるので、雑談や状況を話し合いながら。進んでいく。

松井さんと私は集団中盤にいると不安になる病らしく、前目で展開。アタックしたり引いたり。この間に集団をチェック。リンク東北の選手がかなり強そう。アタックもしまくっている。同調するように私も攻撃。

f:id:expz88:20160523190531j:plain

 

そんな中、1時間経った頃に、バックストレートで私がアタックすると。ちょっと離れる。が、松井さんが何故かついてきた。

ちょwwwと思っていると、松井さんが数人連れてきた以外は後ろは離れている。

f:id:expz88:20160523190746j:plain

 

チャンス。5人の逃げが発生。ツルマス成分入り。(倍付け)

f:id:expz88:20160523185934j:plain

 

メンバーはソロ4人とキング1人。

ローテーションしながら1周40km/h程で安定したペースを刻む。逃げに同じジャージがいる安心感。いつもの練習と同じ。

しかし、3周目くらいで1人が千切れる、他の2人もきつそう。松井さん2人でまわしていたが4周でつかまった。

ただ、あのでかい集団から30分も逃げることができたのは大きな収穫。

 

逃げのデータ

f:id:expz88:20160523195546p:plain

やはり踏んでただけあってAP(平均ペダリングパワー)高目。

ケイデンスが高すぎるのは悪い癖。もっとゴリゴリふまなきゃね。

 

集団に戻ってきてゆるゆる過ごす。集団眺めると70人くらい居て笑う。最後どうするのよ。

 

ここで異変。脚つりそ。若干、内転筋がぴくぴく。立ち上がりで踏むと危険信号ビッグウェーブが来る感じ。

脚的には限界じゃないんだけどなー。この症状たまにあるから困る。

水分補給をして、甲斐さん相談したら梅丹くれたので食す。効いたみたいでつる感じがなくなった。

それと最近、芍薬甘草湯をレース前に飲んでるんだけど、つる1歩手前で踏みとどまってかなり効果あります。

 

f:id:expz88:20160523195310j:plain

そんな訳で引き続き前目で展開。

ツルマスは甲斐さんが割と余裕そうで脚を貯めてる。松井さんは逃げもありちょっときつそう。

私は、割と余裕がある。むしろコーナーとか慣れてきてメリハリついた走りができるようになってきた。

 

そうしてる間に残り30分。

集団は相変わらず非常に多い。

甲斐さんとペース上がったらその時の位置で順位が決まるよね。前目でキープを

 

と談合。

 

そして、残り10分。

アドレナリンがかなり出てて。前もかなり引いてたはず。記憶が曖昧w

抜かす時に大声で左寄ってー!って叫んでたはず。びっくりさせて申し訳なかった。

 

ここで、冷静さを欠いてしまった。

裏のバックストレート向かい風区間残り2kmくらいで 、前を牽いてしまって次にでた甲斐さんに着いていけず。勝負の分かれ目。

坂を10番手付近で入り、集団捉えていたものの心肺耐えきれずそのままゴール。

 

甲斐さんは6位入賞!エンデューラーさすが!

チームで勝ち取ったことにしてくれた。笑

あんさんの実力でっせ。

 

f:id:expz88:20160523201432j:plain

 

最後の局面で冷静さを欠いてしまった。反省。悔しいー!!!!

しかし、苦手意識あったエンデューロでしっかり攻めて最後まで生き残ったことは自信になりました。もうちょっと戦略的に動けば勝てる気がする。

 

3時間終わった後は午後の2時間。

射程、おこさん、塚田さん、喜田さん。

 

3行で説明すると。

射程先頭に残り20分でちぎれるも炎の追走を見せギリギリlapされず。

 

おこさん素晴らしい追い上げで射程から4位後ろ。

塚田さん優勝!喜田さん3位!最高!

 

 

そんなかんじでした。

f:id:expz88:20160523194605j:plain

 

f:id:expz88:20160523194854j:plain

個人リザルトは悔しすぎて吐きそうだけど。

つるます的には入賞×2で素晴らしい結果となりました。

うとさんもサポート、写真撮影ありがとうございました。ブログ賑やかになりました。

 

帰りの高速道路エンデューロ、眠すぎてDNFするとこやった。

 

一旦、レースは終了。

6月のJBCF栂池、7月JBCF三峰山or袖ヶ浦に続いて行きます。

 

ヒルクラやから山を中心に今週から始動。