読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

房総の風

向かい風にやられる毎日

春の下総クリテ クリテリウム スポーツⅠ レースレポート

午前のエンデューロを屍となりながら終えて午後のクリテリウムへ。
出場クラスのスポーツⅠはエリートの1つ下で14周21kmのレース。

エンデューロ終えた時点でもう帰りたい気満々。10時にエンデューロ終わってクリテリウムが14時半からってギャグですか。
気持ち半分は出走しない気でいたが、とりあえず射程の持ってきたシートで寝て、近くのスーパーで弁当かって食べて少し気持ちを持ち直す。

更に始まったクリテリウムで西村さんの熱い走り、機材を一新したおこさんの爆走を見ていたら走りたくなってきた。
ただ、気持ちとは別に体は割りと疲れていたのでローラー台で調子を見る。

ペダリングしてみて午前中ほど足の疲れは無く

お、思ったほど悪くないやん。と
試走を1周だけして。最前列に整列。栄養剤を入れてレーススタート


下総クリテ クリテリウム スポーツⅠ 6位入賞

 

NP263w av41.9km/h 181拍

 

意外と走れたんご
心拍も合格

群馬の実業団レースで逃げが発生した時に追わずレースを放棄したことが後悔で、同じ過ちを起こさぬよう心がける。

ローリング半周後、坂手前からリアルスタート。
序盤って誰も牽きたがらないから、取り敢えず前に出てみる。全力では牽かずFTP付近でまったりと。
黒いジャージの選手がすごい勢いで飛び出したが、垂れてたので放置。

マトリックスの選手が前から居なくなってからは、数人でローテーション。「雑兵」と書いている赤いジャージの選手、チームBMの選手、湘南浪漫の選手、自分の4人~6人で先頭交代。
8周目くらいでオッティモの選手が飛び出してきた。すこし危険に感じたので積極的に牽く。ここで自分が終わったとしても逃げは集団が追うのが責任だとおもう。

無事逃げも吸収し、最終回へ。ペースがどんどん上がっていく。自分は3番目くらいでポジションキープ。坂の入りたてくらいでスプリント開始。

 

オッティモと他の2選手が先行し4位争いへ。

 

f:id:expz88:20160502162048j:plain

いっけえええええええええええ

 

f:id:expz88:20160502162146j:plain

6位ですた。

 

相変わらずスプリントの弱さw若干登りだったのが救いでした。

いつになったら表彰台に登れるのだろうか。

f:id:expz88:20160502162839j:plain

 

次回はJBCF鴨川ブルークリテリウムに出場します。